4歳で多動症を見分ける10個の特徴!どうすれば多動児と分かるの?

4歳くらいの子供となると、遊びまわることができる活発な時期なので、多動児かどうか見分けるのが難しいですよね。

まだ小さい年齢の子供が多動児かどうか見分けるためには、多動児ならではの特徴を知っておく必要があります。

4歳の多動児の特徴を10個にまとめてみました!

4歳の多動児の10個の特徴とは?

①すぐに立ち上がったり、ずっとそわそわ動いている
②早いスピードで走り回り続ける
③友達と仲良く遊ぶことができない
④3分程度の作業でも続けて行うことができない
⑤何事も集中して取り組むことができない
⑥道路に飛び出してしまうなど注意力が低い
⑦誰でも構わず話しかけに行ってしまう
⑧片足で跳ぶことができない
⑨注意されてもやめようとしない
⑩すぐに色々な場所を登ろうとしてしまう

これらが専門機関でも聞かれる多動児の特徴です。

4歳にもなれば、程度の問題はあってもじっとすることができたり、人の話を聞くことができるようになりますが、4歳でこれらの特徴に当てはまるのであれば、多動児の可能性があります。

これらの特徴に当てはまれば多動児だと決まっているわけではありませんが、もし特徴にいくつも当てはまる項目があるのなら、一度検査を受けてみられることをおすすめします。

4歳からでも治療を始めたほうがいいの?

まだ4歳であるなら、多動児だと断定することは難しいのですが、少しでも早くから治療を進めていくことで、多動児の症状を抑えることができます。

4歳なら保育園や幼稚園で遊ぶことがメインなので、多動児であってもさほど目立つことはありませんが、小学校に入ると授業が始まり、多動児が苦手な人の話を最後まで聞いたり、じっとしなくてはいけなくなりますよね。

そのことで何度も先生に注意されてしまい、学校に通うのが嫌になる子供もたくさんいます。

そのため、4歳だからまだ早いというわけではなく、多動児の疑いがあるのであれば、積極的に治療を行っていきましょう。

治療を早く受けておくことで、学習能力や社会的ルールを理解することができるようになり、多動児に起こりやすい人間関係のトラブルもかなり減らすことができます。

病院に行く以外に治療法はないの?

4歳で多動児の特徴に当てはまることが多かったとしても、専門機関に行く前に家でできる多動児の治療法はないのでしょうか?

最近では多動児の症状を軽減させることができるサプリが販売しており、その中でも人気があるのは「コドミン」です。

コドミンはホスファチジルセリンという集中力を上げ、行動を落ち着かせる働きがある成分で毎日摂取することで多動児の症状を抑えることができます。

ラムネ味になっているので、お子様も美味しく続けることができるのも特徴です。

発達障害の病院では薬物治療を行うこともできますが、4歳の子供だとまだ薬物治療ではなく、専門医とのトレーニングを行うことが多いです。

コドミンの成分効果によって、症状を緩和させることができるので、もしいきなり専門機関で診察してもらうのに抵抗があったり、多動児の特徴に少ししか当てはまらないなどであればまずはコドミンから始めてみるのもいいでしょう。

その他にも多動症などの発達障害の可能性があるなら、できるだけ糖質を控えるように心がけるのも大事です。

糖質を摂り過ぎることで、脳の活動が活性化され、多動の症状が悪化してしまう恐れがあります。

もし糖質類を摂取させるなら、一度にたくさん与えるのではなく、少しずつ摂取させるようにしてくださいね。

4歳の多動児の特徴をチェックして、自分の子供に当てはまるポイントがあるなら、一度周囲に相談してどのように治療を進めていくか話し合ってみましょう。

コメントは受け付けていません。