コドミンに配合されている成分に危険性はあるの?副作用がないか調べました!

コドミンに含まれている成分には危険性はないのでしょうか?

子供の多動症の症状を緩和させることできるとネットで話題になっているコドミンですが、いくら人気があるからといって、本当に安全なのか、子供が飲んでも副作用の危険性がないかどうか心配になりますよね。

コドミンにはどんな成分が含まれているのか、危険性はないのか、本当に効果があるのか知りたい情報をまとめてご紹介します!

コドミンにはどんな成分が入っているの?

コドミンに含まれている主な成分には最近ではブレインフードと呼ばれているホスファチジルセリンが入っています。

ホスファチジルセリンはリン脂質の一種で、大豆などの食品にも含まれている成分です。

しかし、食品の中でも比較的に含有量が多い大豆でもホスファチジルセリンは0,003%しか含まれていません。

ホスファチジルセリンを摂取することで、脳の神経伝達物質を活性化させ、行動を落ち着かせ、集中力を上げる作用がありますが、大豆だけで効果をだそうとすると、1日3,3kgの大豆を食べなくてはいけません。

もちろんそんな大量の大豆を毎日食べることなんて不可能ですよね。

コドミンなら多動症の症状を軽減させるのに必要な1日のホスファチジルセリンを補うのにたったの1粒でOKです。

たった1粒でいいなら簡単にホスファチジルセリンを摂取し続けることができますね。

ですが、どれだけ多動症に効果がある成分があるからといって、危険性がないとは言い切れません…

ホスファチジルセリンをたくさん摂っても危険性はないのでしょうか?

コドミンに配合されている成分の危険性について

コドミンの主成分であるホスファチジルセリンは、そもそも食品に含まれている成分なので、たくさん摂取しても体調不良などの副作用が起こる危険性はありません。

そのため、毎日コドミンを摂取していても安全性は高いので、お子様にも安心して摂取させることができるのです。

1日に目安は1粒~3粒と言われていますが、初月は3粒飲むほうがより効果的と言われています。

もし3粒以上飲んだとしても副作用が出る危険性はありません。

GMP認定の国内工場で製造

成分がどんなに優れていて、危険性は低いとしても品質管理や衛生管理が悪い工場で製造されているのであれば、何らかの危険性があってもおかしくないですよね。

コドミンは国内のGMP認定を受けている工場で製造しており、品質管理や衛生管理に問題はありません。

医薬品の製造実績もある工場で製造されているので、医薬品と同じレベルでコドミンは製造されているので安全です。

本当に危険性はないの?口コミを調査!

・サプリを子供に摂取させることに最初は抵抗があったのですが、お菓子感覚で摂取することができますし、子供も美味しいと喜んでいます。

徐々に行動が落ち着くようになり、体調不良を起こすこともなく続けられています。

・ネットで本当に危険性はないのか調べてみましたが、口コミでも悪い情報はなく、国内工場で製造していると知り、安心して子供に摂取させることができています。

今のみ初めて半年ほどたちましたが、毎日元気に学校に通っています。

先日授業参観があった時も静かに先生の話を聞いていて安心しました。

やはり継続するのって大事ですよね。

・試しに私も舐めてみましたが、本当に言われなければラムネと間違えてしまうくらい。

体に異変もないし、これなら子供にもあげられると思って定期コースを申し込みました。

最近では自分で勝手に摂取しているほど気に入っていて、集中力もあがって良いことばかりで。

成分や製造工場、副作用などの危険性もなく、口コミでここまで評価が高いなら安心して購入することができますね!

ぜひ試してみましょう!

コメントは受け付けていません。