4歳からでもコドミンを飲むことができる?多動児で悩んでいるママ必見!

多動症障害はまだ年齢が低いと診断することができませんが、それでも4歳くらいになると多動症ならではの兆候が見られることがあり、コドミンを摂取させたいと考えているママも多いですよね。

注意欠陥やじっとすることができないだけでなく、人を傷つける言葉を言ってしまうこともあり、友達関係をなかなか築くことができない子供の様子を見ていると親としては何とかしてあげたくなりますよね。

多動症だけではなく、落ち着きがない子供にも効果的と評判のコドミンですが、まだ4歳の小さい子供でも無理なく摂取することができるのでしょうか?

子供向けとはいえど、サプリと聞いてしまうと大人でも飲むのが苦手な人もいるので、ましてや4歳の子供が毎日無理なく摂取することができるのか気になりますよね。

まだ4歳の子供でもコドミンを摂取することはできるのでしょうか?

4歳でもお菓子感覚でコドミンを摂取できる!

大人向けのサプリは薬のように水と一緒に飲むタイプではなく、噛むか舐めて溶かすタイプのサプリです。

そのため、お菓子感覚で楽しめるので、4歳の子供でも簡単に摂取することができます。

大きさも1円玉より小さいサイズなので、子供が摂取するには大きすぎてしまったり、逆に子供が取りにくいほどの小さなサイズでもなくちょうどいいサイズなので、慣れれば親があげなくても子供が自分で取って摂取することも難しくないですよね!

どんな味がするの?

サプリによっては苦みを感じるものもありますが、コドミンはラムネ味になっているので、4歳の子供も毎日美味しく摂取し続けることができます!

また、摂取する目安も1日1粒から2粒程度で十分に効果があるので、1日にたくさん摂取する必要なく、飽きずに毎日継続することができるのも特徴です。

副作用の危険性はないの?

まだ4歳の子供にサプリを摂取させるとなると、体に負担がかかって副作用が出てしまわないか心配になりますよね。

コドミンに含まれている成分は多動症の症状に効果的なホスファチジルセリンなどが含まれており、全て国が安全性を認めている成分しか配合されていません。

また、1日の摂取目安は1粒~2粒ですが、誤ってたくさん摂り過ぎたとしても、副作用が起こす可能性は極めて低いです。

情報サイトや口コミでもコドミンを飲んだことで副作用が出たという情報は出ていないので安心して4歳のお子様に摂取させることができます。

ただし、どんなサプリでもいえますが、まれに体質に合わない人もいるので、もしコドミンを摂取して体調が悪くなったら、コドミンの使用は一旦止めて、病院で診察してもらいましょう。

どこの工場で製造している?

成分効果は確かと口コミでも評判ですし、副作用の危険性も低いコドミンですが、4歳の子供に飲ませるのであれば、どこで製造されているのかも知っておきたいですよね。

コドミンを製造している工場は日本健康・栄養食品協会によって認められている食品GMP工場で製造されています。

このGMP認定とは品質管理や技術力などが一定基準を超えていないと認定されないので、GMP認定されている工場で作られているのであれば安心ですよね!

海外ではなく、国内で製造されているので、品質チェックに厳しい日本人によって製造されているので信用性も問題ありません。

多動症障害が少しでも軽減されて、周りのお友達と同じように自分の子供も遊べるようになったらと願っているママもたくさんいます。

多動症の症状を軽減させる方法はたくさん見つかっており、専門機関で専門医とのトレーニングや薬物治療を行うこともできますが、まずはコドミンから始めてみませんか?

お子様だけでなく、ママも笑顔になれるようにコドミンの力を借りてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。